Home > news

news

2017年6月、「資本開発学会」が設立され、同年11月、文化資本学会が同時に編成構成され、WIUは、文化資本学会の下部アクションとして動画レクチャーを進めていくことになりました。WIUは、研究者、協力者、ゲストの自由なレクチャーの場となります(資本開発学会講座の録画は、学会HPに配置され、閲覧には会員IDが必要になります:近日制作)。

「資本開発学会・文化資本学会は、いわゆる学問だけの学会ではなく、高度な一流の超領域的な学術研究と実際の資本経済の開発・稼働とをリンクさせ、かつ人材の文化資本形成・開発をはかる総合的なリサーチ&開発の学会です。 学術部門(文化資本学会)、ビジネス・コンサル部門(資本開発学会)、人材教育部門を相互稼働させる学会です。 そして、経済活動、技術開発に、日本文化の高度な歴史的文化資本・文化技術資本を生かす文化研究を基盤におきます。 加えて、世界の優良な企業との連携を進めます。」

近代学問体系の専門分類を超える「超領域的専門研究」の諸学会を「日本高等学術会議」として新たに構成していきます。

 

資本開発学会の第1期、定例学会講座がなされました。

 

+2018年2月より、文化資本学会「公開研究セミナー」が毎月、第3火曜日に開催されます。

※開催場所は東京都千代田区です。

第一回
山本哲士
「「吉本隆明『初期歌謡論』の思想的な意味:述語的表出の思想と日本文化資本の基盤」
ーー全集『初期歌謡論』の刊行を機にーー
歌表出に構成された「日本」の「文化資本」の根源を、吉本は言語本質から思想的に述語表出する、その客観化を客観化する解読レクチャー。
2018年2月20日
開場 18時
開始 18時30分
文化資本学会、晶文社 共催

参加条件 先着25名
※メールによる受付です。

料金 基本的に無料です。
※講義を受講したあとに内容を理解できたらお気持ちの金額だけ料金箱に入れていただければと存じます。

講義の様子はビデオカメラに記録されます。
※ただし参加者の質疑応答の音声が記録される場合があるのでご理解ください。

場所は受付メールでお知らせいたします。
info@ehescbook.net

 

Share