Home > Japan vision賢人会議

Japan vision賢人会議

人類、世界にとってwell-beingとなる、他の選択可能性を、歴史の生成を系譜的に見直しながら、ビジョン構成することで開いていきます。

「現在」は、快適さ便利さが一面で浸透しながらも、近代化、産業社会経済化の国家配備の拡充の行き詰まり、国家間均衡の恒常的な戦争状態、生態環境の退化、社会規範の個人監視化・管理化によってある限度にたどりついた閉塞的な状態にあります。

それに代わる、新たな配備へむけたdispositionのビジョン化、そのメタ資本の制作をなします。

会議報告の録画ビデオはこちらをご覧ください。

Japan vision報告録画

 

第一プロジェクト:日本ビジョンの作成とコア設計提案:2年計画

経済ビジョン 福原義春、小林陽太郎両氏の「文化資本」経済の意志をついで、文化資本・ホスピタリティ経済のビジョンを描く。

環境ビジョン 環境技術、環境経済、場所環境のビジョンを描く。

文化ビジョン 日本の「述語制文化」「文化技術」のビジョンを描く。 衣=キモノ文化ビジョンを描く。

政治ビジョン 新自由主義の統治をこえる場所政治のビジョンを描く。 ◎世界ビジョン グーローバル世界を超える、場所間交通のビジョンを描く。

技術科学ビジョン 非分離の述語技術開発のビジョンを描く。分散型の自生エネルギーのゼロ・ビジョン。

都市ビジョン グローバル・シティをこえる「場所シティ」ビジョンを描く

農ビジョン 「農業」商品経済を超える、「農」の生存ビジョンを「食」ビジョンとともに描く。

医療ビジョン 認知症、身体・心のwell-beingのビジョンを描く。

教育ビジョン 子どもの学ぶ環境の新たなビジョンを描く。

建築ビジョン 国家と個人の間の建築環境のビジョンを描く。

●エンターテイメント・ビジョン

●スポーツ・ビジョン

Share