Home > 日本の思想と哲学

日本の思想と哲学

蕭白鷹

西田幾多郎、吉本隆明を軸にして、日本の思想・哲学を総体的に再考していきます。
古事記や万葉集や源氏物語などにもふれていきます。宮本武蔵の言述はデカルトに対比しうる思想次元です。近世思想も再考察していきます。日本の知は、非常にすぐれた普遍性をもっています、その見直しです。日本思想史の書き換えをなしていくことです。

吉本隆明を読むレクチャー

吉本隆明の<共同幻想の国家化>:幻想の統治制化